礼儀が身に付いている

大切なのは礼儀とコミュニケーション

挨拶ができる、最低限のルールを守るなど、きちんとした礼儀が身に付いている人は、ルート配送ドライバーという仕事を円滑に遂行することができるでしょう。どんな仕事でもそうですが、必要最低限のコミュニケーション能力は必要になってきます。ルート配送のドライバーもそれは同じ。積荷をミスなく的確に届けることが仕事ですから、その確認業務などを円滑にこなすためにもコミュニケーション能力は大切になってきます。 とはいえ、コミュニケーション能力が低いからといって心配はありません。挨拶もしない人とコミュニケーションを積極的に取りたいと思う人はいませんが、礼儀さえ身に付いていれば、元気に挨拶するだけで、相手の方から積極的にコミュニケーションをとってくれるようになりますよ。

意外にいろんな職種の人と交流できる

ルート配送という仕事は、基本的には積荷を毎日同じルートで運びます。そして、倉庫から店舗へ、店舗からターミナルへ、運ぶ場所は企業によって様々。例えば、宅配業者だったらコンビニからお客様が預けた荷物を集荷して自社のターミナルに運ぶといった業務があります。スーパーだったら、自社工場から各店舗に生鮮食品などを運ぶといった仕事もあるでしょう。

その先々で出会う人は、搬入先の従業員だけでなく、パート主婦やアルバイト学生などいろんな人がいます。多種多様な人に会うということは、それだけ、やはり礼儀とコミュニケーションが大事になってきます。礼儀といっても、難しく考える必要はありません。元気に挨拶が出来て、時間や規則が守れていれば問題ありません。せっかくルート配送という仕事に就くのなら、いろんな人と積極的にコミュニケーションをとって、人脈も広げましょう。

ルート配送の転職は、運転や体力に自信がない人もチャレンジしやすく、正社員からパートタイムまで様々な雇用形態を選択できます。