就業時間がきちんとしている

ルート配達と宅配の配達とは違うの?

ネットで買い物をする人が増え、それに伴い配達をする人の人員を増加するなど一口に配達といっても多様化しています。そのような中でもルート配達の求人募集をよく見る、という人もいます。ルート配達とは一般的な配達員の求人と、一体どのような違いがあるのでしょうか。ルート配達とは始めから配達する物もその配達順序も決まっていることをいいます。もっと詳しくいうと事前に契約された内容に従い、配達する物を決められた道順に運び納品する配達方法であり、例えばスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどに物を運ぶ仕事です。具体的に例を挙げるとパンやおにぎり、飲料などでありこのような商品を毎日店頭に並べるためにはルート配達は必要不可欠です。勿論このような場所以外にも一般企業など様々な分野で活用されています。

ルート配達の就業時間とは?

一般的に知られている配達は、届けた先が留守の場所は持ち帰り再配達をしなければなりません。再配達で配達を終了することが多いかもしれませんが、実際には再配達をしても留守の場所もあります。このように一件一件に配達をしても留守などの場所には、品物が相手に渡り終了するまでに時間がかかります。一方ルート配達の場合、決まったルートを決まった品物が届くようにあらかじめ設定されているので、配達員は順序よくそのルートをこなすことが必要となります。しかし決められたことをこなせば終了することができるので、道路の状態により多少の誤差はあるものの就業時間がきちんと守られているといえますし、また規則正しい職場ともいえます。